世界の舞台で発揮できる実践力と自信をあなたに。

名古屋外国語大学 国際教養学科

准教授

後藤 希望 Goto Nozomi

 

PROFILE

1992年
英国国立ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ
メディア学及び社会学2学科専攻 BA取得
 
1989~92年
NHKロンドン支局にてBBCニュースのテロップ翻訳、「大相撲ロンドン場所」「ラグビー・ワールドカップ英国大会」などの番組制作に携わる
 
1996年~
主にNHK東京の報道、中継番組制作に携わる
五輪とパラリンピックの放送業務を韓国平昌大会まで12大会連続 現地で行う。東京2020も行う予定
愛・地球博 NHK名古屋にて特番2本、レギュラー番組4本等の制作、番組内通訳
NHK国際放送「Out & About」「Journey in Japan」の案内役(英語)
他の主な番組
「NHKスペシャル」「クローズアップ現代」
「英語でしゃべらナイト」「AFCアジアカップ2007」「嵐xNHK 2020 STADIUM」
「金とく」「さらさらサラダ」(NHK名古屋)
「ETV特集」(NHK教育) 「世界陸上大阪大会」(TBS)
 
2016年
英国国立レスター大学 マス・コミュニケーション学 MA取得

 

RESEARCH INTEREST

・映像報道の在り方、方法、コンテンツ分析
・音と映像

 

CURRICULUM

専門ゼミⅠ:<映像分析を通して学ぶ>

専門ゼミⅡ:<ゼミ内企画コンペを経て、実際に撮影>
① プリ・プロダクション
 情報収集、ロケーション・ハンティング
 企画/提案書
 構成/シナリオ、絵コンテ
 スケジュール
 予算書
 
② プロダクション
 撮影(カメラ、音声、照明、演出)
 
専門ゼミⅢ・Ⅳ:<編集作業⇒作品完成>
③ ポスト・プロダクション
 編集
 構成表/ナレーション・コメント原稿/台本
 SE
 CG素材作成
 MA:音響・音声収録、整音作業
 
リテラシー演習(リサーチ・情報分析)/ジャーナリズム(ASE科目)/ASE Advanced/英文講読 など
基礎ゼミナール:メディア論及び社会学を通したTV番組の多角的な分析
専門ゼミナール:メディア研究 媒体から発信される多種多様な情報・内容の分析

 

EDUCATIONAL GOAL

現代を読み解く視点を養う

ゼミ紹介

基礎ゼミテーマ


基礎ゼミⅠ・Ⅱ:「Media Literacy」を高める

 

専門ゼミテーマ


専門ゼミⅠ:<映像分析を通して学ぶ>
専門ゼミⅡ:<ゼミ内企画コンペを経て、実際に撮影>
専門ゼミⅢ・Ⅳ:<編集作業⇒作品完成>

 

ゼミの特徴



 基礎ゼミⅠ・Ⅱでは、1つの事象を多角的に検証し活用する能力=「Media Literacy」を高めることを大きな柱とし、各メディアから発信される情報がどのように消費されているかを、メディア統合/融合の側面と併せて検証していきます。書籍やラジオの歴史や今後のあり方も併せて考えます。
専門ゼミⅠ~Ⅳでは、情報の送り手側の立場から媒体について学び、次に、作り手となり映像作品を作成します。映像制作の3つの大きなプロセス:①プリ・プロダクション、②プロダクション、③ポスト・プロダクションに沿って、「どのポジションの人が何をどのように表現しているか」を、ドラマ、ドキュメンタリー、情報番組の映像分析を通して「表現方法」を学んだ後に、ドキュメンタリーの企画、取材、撮影を行います。4年次では編集作業を行い、作品を完成させます。