名古屋外国語大学 国際教養学科

ゼミ紹介 Seminar Laboratories

奥田 隆男

基礎ゼミテーマ 比較社会論入門:人・文化・社会についての考え方を養う
専門ゼミテーマ 比較社会論:人・文化・社会を多角的にとらえ分析する
ゼミの特徴  学生は関心あるテーマを自由に選びます。人・文化・社会に関係するテーマならばどんなものでも構いません。たとえば「松本人志という生き方の研究」「社会問題としてのAIDS・HIV」「テレビコマーシャルの世界」といったものです。授業は学生の発表に基づいて議論するという形で進めています。レポート作成では教員と1対1で検討を行い仕上げていきます。どんな場合でも、「わからないなあ」と疑問を抱く姿勢を重視しています。卒業生は多様な分野で活躍しています。CA,グランドスタッフ、パイロット、ホテル、旅行会社、商社(機械・繊維・食品)、銀行、メーカー(自動車その他)、出版社、IT企業、外資系の通信社や運輸会社、サッカーJリーグ1部チームジュニアコーチ、教員そして中華料理店店主、等々。

>奥田先生のプロフィールはこちら

佐藤 都喜子

基礎ゼミテーマ ジェンダーの視点から見える社会、国際協力・国際開発入門
専門ゼミテーマ 専門性を高める
ゼミの特徴  わがゼミは、発展途上国の開発に関心を持つ学生が集まっています。基礎ゼミ(2年生)では、自身の30年後の姿を思い描きながらこれからの生き方を考える、途上国の現場で働く上で重要な考え方や視点を身につける、この2点をめざした学習をしています。専門ゼミ(3年生)のねらいは、自身の関心テーマを見つける、応用力を備える、この2点です。
 具体的には、教室での通常の学びの他に、他大学の学生と合宿したり、教室を飛び出して野外で調査を実施したりして、開発問題に対する実践力を身につけます。本年度は、明治学院大学の学生と合宿しながら、参加型アプローチや体験学習法などについて討議しました。野外実習では瀬戸しなのの道の駅に行ったり、飛騨高山で合宿をしたりして、観察力を磨き、かつ必要な情報を収集し、それを分析する力を身につける訓練をしました。本ゼミではこのように、基礎力と応用力の両方を身につけることにより、途上国の現場で役立つ人材を育てています。

佐藤ゼミ1 1.  道の駅でニャンコ

佐藤ゼミ2 2.  道の駅の帰りに記念の陶器づくり

佐藤ゼミ3 3.飛騨高山の住民に話を聞く

佐藤ゼミ4 4.飛騨高山の観光関係者に話を聞く

佐藤ゼミ5 5.NPOまちづくりスポット飛騨高山での街歩きの成果発表

佐藤ゼミ7 7.  記念撮影

佐藤ゼミ6 6.  ワークショップの光景

>佐藤先生のプロフィールはこちら

金沢 和子

基礎ゼミテーマ 「コミュニケーション」って何? 一緒に学びましょう!
専門ゼミテーマ 「ホスピタリティ」の心は、世界共通だと思いませんか?
ゼミの特徴
ゼミのテーマ:ホスピタリティ

「ホスピタリティ」とは何でしょうか?
このゼミでは、ホスピタリティの基本から、ホスピタリティには欠かせないコミュニケーション、マナーなどについて再度確認する事から始めます。それらの基礎知識を基に、「ビジネスとホスピタリティ」・「人材育成とホスピタリティ」についても学びます。
また机上で学ぶだけではなく、実際にレストランやホテル、店舗などに出向き、現場でのホスピタリティを感じ、比較検討します。それぞれの企業がどの様な事を目指して、サービスに活かしているのかを体験して確かめます。
その他にも新聞の記事などから、最近話題のホスピタリティに関連した出来事を取り上げ、その内容について話し合い、全員で共有します。
このゼミの目的は、「全員がホスピタリティを発揮できる事」。日頃からホスピタリティを発揮する事を心がけている学生達の集まりですので、ゼミの雰囲気はほっこり暖かです。
このゼミの卒業生の多くは、航空業界・ホテル・ブライダルなどのサービス業界に就いていますが、それ以外の業種でもホスピタリティを発揮して活躍をしています。

金沢ゼミ1

金沢ゼミ3

金沢ゼミ2

>金沢先生のプロフィールはこちら

横山 陽二

基礎ゼミテーマ プロジェクトを創ろう,そして伝えよう!
専門ゼミテーマ ・ジャパン・プレゼンテーション
・地域プロデュース
ゼミの特徴
【1】横山ゼミのターゲット(対象)
  1. 将来、広告・PR会社やメディア(TV,出版社、ラジオ局など)でキャリアを考えている学生
  2. 企業で宣伝部、広報部、商品開発部などで活躍したい学生
  3. 自分探しのお手伝い、特に自分の長所を伸ばしてほしい学生

【2】横山ゼミのメリット(利点)
  1. 広告会社20年のキャリアを活かした、実践的な指導により、自分のプロジェクトをつくる経験ができます。
  2. 自分のキャリアの方向性の発見と深化につながります。

      (新聞も毎日、読む習慣がつきます)
  3. チームワークの大切さと卒業後の人的ネットワークの作り方を経験できますので、将来のキャリア先でもゼミの経験が役に立ちます。

⇒ 詳しくは、入学後のゼミ紹介で公開します! 

横山ゼミ1


>画像を拡大する

横山ゼミ2

横山ゼミ3

横山ゼミ4

>横山先生のプロフィールはこちら

後藤 希望

基礎ゼミテーマ 基礎ゼミⅠ・Ⅱ:Media Literacy」を高める
専門ゼミテーマ 専門ゼミⅠ:<映像分析を通して学ぶ>
専門ゼミⅡ:<ゼミ内企画コンペを経て、実際に撮影>
専門ゼミⅢ・Ⅳ:<編集作業⇒作品完成>
ゼミの特徴
 基礎ゼミⅠ・Ⅱでは、1つの事象を多角的なおかつ多面的に検証し活用する能力=「Media Literacy」を高めることを大きな柱とし、各メディアから発信される情報をどのように受け止めるべきかを、メディア統合/融合の側面と併せて検証していきます。
専門ゼミⅠ~Ⅳでは、情報の送り手側の立場から媒体について学び、次に、作り手となり映像作品を作成します。映像制作の3つの大きなプロセス:①プリ・プロダクション、②プロダクション、③ポスト・プロダクションに沿って、「どのポジションの人が何をどのように表現しているか」を、ドラマ、ドキュメンタリー、情報番組の映像分析を通して「表現方法」を学んだ後に、撮影を行います。4年次では編集作業を行い、作品を完成させます。

>後藤先生のプロフィールはこちら

鶴本 花織

基礎ゼミテーマ Black History:アメリカ黒人解放史
専門ゼミテーマ サブカルチャー研究
ゼミの特徴
「Black History:アメリカ黒人解放史」
 かつて黒人を奴隷と見なしていた国家のもっか最高責任者は、その民族的血筋を引いている人物です。少数民族の社会的立ち位置がほんの150年でここまで変わるなんて、本当に凄いことだと思いますし、アメリカ史のダイナミズムを感じざるを得ません。 この歴史の裏で、多くが戦い、泣き、笑い、耐えました。これらのドラマを一つ一つ掘り起しながら、英語力(とりわけパラグラフ・ライティングと発音)とディベート力の強化を図る課題に取り組んでもらいます。

Black History:アメリカ黒人解放史

「サブカルチャー研究」
 次世代を創造する人たちは、案外、当代の異端児だったりもします。(例えば、マイクロソフト社のビル・ゲイツやアップル社のスティーブ・ジョッブスも。)だったら、はみ出し者のことを研究しちゃえっ!という発想のゼミナールです。 授業では、まずは過去の「サブカルチャー(=はみ出し者の文化)」を把握していきますが、その数と内容の豊富さに驚くこと間違いなしです。過去に存在していた多くのサブカルチャーを比較対照し、その未来性や良し悪しを一つ一つ検討し、視野を広げていきます。

Black History:アメリカ黒人解放史

>鶴本先生のプロフィールはこちら

城月 雅大

基礎ゼミテーマ 観光開発デザイン
専門ゼミテーマ まちづくり心理学・観光心理学など
ゼミの特徴
 このゼミでは、「まち」や「地域」といった言葉をキーワードに据えて学習・研究をしていきます。その「まち」や「地域」が、受講生のふるさとでも構いませんし、近所の商店街だったり、大好きなカフェでもバーでも、はたまた、海外のある地域でも構いません。受講生のそれぞれの関心をもとに、その空間や環境をより良くするための方法論について、特に、人と場との心理的な結びつきや観光といった視点から研究していきます。できる限り、ゼミで現場を訪れたりしながら、最終的には、社会的な課題や問題を捉え、それに対するアプローチ方法を提案できる能力を身に着けて欲しいと考えています。 卒業後は、公務員や旅行業をはじめ、メーカー、商社や大学院進学(海外含む)など様々な分野で活躍してもらえるように指導をしていきたいと思います。
  • 観光開発デザイン

  • 観光開発デザイン

城月ゼミ1

城月ゼミ2

城月ゼミ3

城月ゼミ4

>城月先生のプロフィールはこちら

山本 恵

基礎ゼミテーマ
専門ゼミテーマ
ゼミの特徴  ゼミのテーマは「グローバル社会におけるICT活用」です。
ICTとは、情報通信技術(Information and Communication Technology)の略で、日本政府はICTを日本経済の成長と国際社会への貢献の切り札と考えており、東京オリンピックを視野に、ICTの利活用を国家プロジェクトとして推し進めています。すでに、観光、防災、医療、教育など、ありとあらゆる分野で活用されており、将来どのようなキャリアを目指すにしても、ICTの利用は避けられません。そこでゼミでは、効果的な活用スキルを身に付けたり、ICTが関連する社会問題などについて考え、各自が自分の将来にリンクした具体的な研究テーマを設定しています。テーマの設定はかなり自由で、なかには本当に趣味に近い内容をテーマとしている人もいます。

 普段は専門書を読んだり、研究計画を立てアンケート調査を行ったり、ゼミ内で発表やディスカッションを行うなどの活動をしています。その他、コミュニケーションスキルの習得も大きな目標の1つで、将来目指す方向に関連する企業にインタビューに行き、調査した結果を外部で発表しました。

山本ゼミ1

山本ゼミ6

山本ゼミ2

山本ゼミ3

>山本先生のプロフィールはこちら

竹内 慶至 

基礎ゼミテーマ 共生社会論
専門ゼミテーマ
ゼミの特徴  ゼミでは、現代社会で生じる様々な社会問題や社会的コンフリクトについて考えることを通して、より良い社会とは何か、望ましい社会とはどのようなものであるのかについて考えます。
 望ましい社会を構想するためには、まずは現代社会の現状について正確に把握する必要があります。本ゼミでは、「共生社会」の諸問題に迫るために、先行研究・資料の精読を行い、現代社会を「診る」力を養います。また、自身で情報収集し、積極的に世界に働きかけていく力を身に付けるために、一次情報の収集方法と加工、分析、プレゼンテーションの技法などに関する知識と技能を獲得することも目指します。

>竹内先生のプロフィールはこちら

大西 学 

基礎ゼミテーマ 持続可能な発展入門:全球時代における経済・環境・社会の持続性と調和を考える
専門ゼミテーマ 持続可能な発展論:個別テーマから、具体的な持続可能な発展を分析する
ゼミの特徴  持続可能な発展(SD)の中でテーマは自由です。理想は理論と実践の両立ですが、理論を冷静に思考するもよし、実践に情熱を燃やすもよし、屋内に篭って世界の取組に圧倒されるもよし、現場に出てみて頭でっかちにぐるぐる回るもよしです。
 これらのゼミに関するそれぞれの活動・取組及び持続可能な発展に関係するテキストを定期的に報告、議論をします。
 読み・書き・プレゼン・情報機器操作の4点セットを意識して、指導していきます。

>大西先生のプロフィールはこちら

田中 優子 

基礎ゼミテーマ サービスエンカウンターについて考察し、その役割から自分と向き合う
専門ゼミテーマ サービスエンカウンターの可能性と自身のビジョンを創造する
ゼミの特徴 エアライン業界への興味、憧憬、嘱望を抱いている学生の方がいらっしゃると思います。
しかし、エアラインという括りで考えるとその働き方は多種多様です。
そこで、サービスエンカウンターという切り口で、「カウンセラー」「コンサルタント」
「ミーディエイター」「プロデューサー」「アクター」と言われている5つの役割から 
自身を照らし、自分がどこに向かいたいのか、何を目指すのかを考えるゼミを行います。
考えるフィールドはさまざまです。
制約をつけずに発想することから始めましょう。

>田中先生のプロフィールはこちら