名古屋外国語大学 国際教養学科

語学教育の徹底 Language Education

リテラシー系・リクエーション系・ガバナンス系・エリアスタディーズ

国際教養を上積みするための土台づくりとして1年次から始まる徹底した英語教育

「聞く」「話す」「読む」「書く」という言語力向上に必要な4つのスキルを徹底習得

国際教養学科では、「聞く」「話す」「読む」「書く」という英語力向上に必要な4つのスキルを早期に習得し、専門分野での学びに対応できるプログラムを設けています。なかでも「Reading for Understanding 1~4」「Writing for Communication 1~4」によって、「読む」「書く」を徹底的に強化していきます。これは留学する際、専門科目の授業を受ける素地につながるとともに、「読む」「書く」のレベル向上が高度なコミュニケーション力の習得につながっているからです。

学生3人につき外国人教員1人という、PUT(パワーアップチュートリアル)を開講

独自に開発した“超”少人数制授業であるPUT。学生3人につき外国人教員1人というグループ編成で、ディスカッションを中心に、自由なスタイルで行います。外国語で考え、外国語で語る力を実践的に養うために必修科目となっています。

専攻する分野の学びをさらに深めるための専門的な英語を身につける

 3つの系で学んだ内容を英語による講義で改めて学ぶ「Academic Subjects in English」科目群を設置し、専門分野と英語を融合。例えば、「ツーリズム」「ジャーナリズム」「グローカリズム」といった具体的な分野を、英語を通じて理解をしたり、また3つの系に関わる内容の「英書購読」を行ったたりします。その結果、専門分野の知識を深めるとともに、専門分野の内容を実践的に運用できる高度な英語能力を身につけます。