名古屋外国語大学 国際教養学科

境界を超え世界で活躍できる人材を育成します

 私たちは様々な境界に取り囲まれています。
日本と海外を隔てる国境、社会人になるための就職活動、あるいは「あれならできるけど、これは無理」といった自分の中に作った垣根、そんな境界を越えていくことで、未来に向かっていくことができるのです。自らの意志で積極的に境界を越え、世界に乗り出し、新しい自己を手に入れようとする人を国際教養学科は育成します。そのために私たちは次のような教育方針を立てました。

英語を主に、語学力を徹底的に鍛えます、世界の地域について深く学びます、専任講師による一貫したキャリア教育を行います、3つの「系」による専門教育を行います

英語を主に、語学力を徹底的に鍛えます

 グローバル化の進む現代、英語の重要性はますます高まっています。世界へ飛び出していくために、しっかり英語を学びます。そして留学のためのTOEFLや企業で重視されてきているTOEICといった英語資格のスコアを獲得するための学習も用意しています。さらに2年次以降、英語による授業、学科の専門科目の内容を盛り込んだ英語教育も行っていきます(ASE科目)。英語以外の言語についても第二外国語として学びます。

世界の地域について深く学びます

 世界で活躍し、人々と交流するためには、世界の多様性とそれぞれの地域の固有の事情を知っていなければなりません。1年次から様々な地域について学べる地域研究科目が設定されています。

専任教員による一貫したキャリア教育を行います

 大学で何を学び、将来にどうつなげていくのか、目的意識を持った学習とそのためのスキル習得が必要です。留学も明確な目標がなければ、成果は望めません。大学での学びを意味あるものにするため、1年次に「キャリアプランニング」「アカデミックスキルズ」を設けました。少人数のクラスとし、専任教員が担当します。さらに、2年次には「基礎ゼミ」3・4年次には専門ゼミを開設し、卒業に至るまで、専任教員によるひとりひとりの学生を対象とした研究指導とキャリア教育を継続します。

英語を主に、語学力を徹底的に鍛えます

 国際教養学科では「リテラシー系」「ガバナンス系」「リクリエーション系」の三つの系の専門科目を置いています。境界を超えるためには、情報を取捨選択し、自らも発信できなければなりません。 リテラシー系は、そのための科目群です。しかも、情報について全般的に学ぶだけでなく、新聞・雑誌・TV・インターネットなどを媒体とするジャーナリズム・メディア・広告業界などについても具体的に学びます。それによって主体的に情報を発信できる力を育成します。 ガバナンス系では国際関係や様々な国際機関・国際ボランティア、さらには日本の地域問題などについて学びます。今、日本と世界が抱えている問題についての知見を深め、何をなすべきか考察することを通して、未知の世界に飛び込み、そこで人々と積極的に交流する力を育成します。 リクリエーション系では、自己とは、あるいは人と人とが接するとは、といった事柄について専門的な研究を行います。そのための「ダンス」「演劇」科目も設けました。さらにホスピタリティについての知見を深めるために、エアライン・ツーリズム・ホテルなどの業界についても具体的に学びます。今の自分を越え、人との垣根を越えるためには何が必要か、深く考えるための系です。 このような多様な学びを提供することによって、グローバル化の時代を生き抜く力、真に国際教養をもった人材を育成することを、国際教養学科は目指します。 本学科の学生には、世界とかかわれるあらゆる分野での将来が開かれています。ジャーナリズム・広告、IT業界、国際公務員・国際NGO組織、教員あるいはエアラインやツーリズム、ホテルといったホスピタリティ関連業界。これらに限らず、金融やメーカー、商社、国際運輸といった分野でも活躍できる人材を育成します。 「境界を越え、世界へ」―学生ひとりひとりが自ら未来を切り開けるよう、学科教員全員が責任を持ってサポートします。それが国際教養学科です。